真実の歴史の上に多文化共生社会を築きましょう
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨年の課長昇進時人権研修は
兵庫県外国人人権協会という
在日韓国・朝鮮人の地方公務員による協会からの
講師の依頼は取りやめ、
弁護士による人権研修となりました。

また、神戸市教育委員会の
教頭昇進時人権研修においても
上記の研修や朴一氏の講演会など
在日韓国朝鮮人についてのみが取り扱われ
長年続けられておりましたが
昨年は、対象を多国籍の外国人へと変更されておりました。

しかし、上記の課長昇進時研修における人権研修の概要が
公開された文書では把握困難のため
今後、神戸市に照会してまいります。

また、教頭昇進時研修においては
神戸市における外国人児童の問題は深刻なのに
韓国・朝鮮人のみに特化するような形で行われ
他国の児童の問題の把握が軽く取り扱われ
教育委員会においても認識の甘さが目立っておりましたので
その点を強調して指摘し、
外国人児童の問題にも関心を注ぐように
要請した甲斐があったと思います。

一昨年の秋、「在日特権を許さない市民の会」により
ネット上動画で、神戸市問題がクローズアップされ
その動画をご覧になられた方々から
神戸市への抗議の電話やメールが多く寄せられました。

当会は公開請求によってその記録を拝見しました。

そして、研修担当者との意見交換を繰り返し
一応、このような成果を確認できたことは
喜ばしい限りです。

以後、兵庫県外国人人権協会からの偏った圧力を
排除されることを期待します。

上記団体は、毎年、神戸市との会合をもち
その際、不当な要求を繰り返しております。

また、神戸市と外国人学校との会合においても
国際学校と比べて、横柄な朝鮮学校の態度が目につきます。

逆差別をなくし、
真の「差別のない神戸市」となりますように
これからも、モニターを続けてまいります。
スポンサーサイト

[2013/01/31 21:22] | 神戸市問題
|

承認待ちコメント
-


コメント:を閉じる▲
去る3月16日、神戸市役所において
以前より情報開示を求めてきた文書の公開にあたり
人材開発センター主査から説明をいただけるとのことで
その際、下記の要望書を提出し、
口頭でも説明致しました。


 課長・係長昇進時、及び
   職場人権リーダー研修について
 

 神戸市においては、「兵庫県在日外国人人権協会」なる団体の要望を受け、5年以上にわたって「兵庫県在日外国人人権協会」役員を講師に招き、人権研修が行われてきました。
昨年、その研修時の資料を開示請求し、内容を知るに至りましたが、その内容には、大韓民国が自国の教科書で教える歴史資料に基づかない偏った歴史観によるものが多く見受けられました。
開示の際、立ち会った人材開発センター職員に、この研修内容は、検証したのか質問しましたが、検証していないという答えが返ってまいりました。
国会においても、大韓民国から日本に対する謝罪・賠償要求は歴史資料に基づかないものであると、何度も質疑応答されております。
 それにもかかわらず、「兵庫県在日外国人人権協会」からの講師に人権研修を委ねることは、在日韓国・朝鮮人に対する潜在的な加害者意識を職員に植え付け、在日韓国・朝鮮人に対する特別対応を招くことになりかねません。
在日韓国・朝鮮人問題を取り上げるならば、日本の歴史的検証に基づく研修でなければならないと考えます。
 今年も、そのような研修を計画しているのであれば、その講師には「兵庫県在日外国人人権協会」ではなく、兵庫県在住の朝鮮問題研究家である○○○大学教授 KM氏を推薦致します。
そして、今まで偏った研修を受けてきた職員にも、既に受けた研修と比較し、それぞれに考え直す機会を与える必要性から、再度研修を受けるように企画されることを要望いたします。
今回のことは、市民には知らされず、無批判のまま5年以上にわたって続き、残念ながら「閉ざされた神戸市役所」を印象付けるものでありました。
これらの偏った研修に市民の税金が費やされたのは非常に残念なことです。
これからは、このような研修は市民も参加できるように開かれた形で企画されることを要望いたします。

                            以上

なお、この時点では新年度の研修については
まだ決まっていないとのことで
立案の際には、ぜひ、要望を検討していただきたいと
申し入れました。

           

この日、公開を申請していたのは
昨年の在特会の訪問後、どのような意見が
神戸市役所に入ったかというものです。

ネット上では、神戸市に電話をかけても
「動画を見て」と言うだけで
電話が切られてしまうとのことでしたので
どのような対応がなされたのかを
公開請求致しました。

その結果、一般的に電話での問い合わせは
広聴課が対応するのですが
動画で担当職員の名前が書き込まれたこともあり
担当部署の職員を指名しての電話もかなりあり
数日間は通常の仕事がストップしてしまったとのことでした。

記録も概ね妥当な状態で、
理路整然と抗議されている記録から
「朝鮮人は帰れ」を
連呼しているようなものもありました。
      

[2012/04/10 03:22] | 神戸市問題
|


通行人
「兵庫県在日外国人人権協会」なる団体に属す在日の公務員は、勤務時間中に人権活動をしている。職場のパソコンを使って神戸市役所に電子メールを多数送信しているという情報あり。

もし事実であれば職務専念義務違反並びに備品の私的利用に該当し懲戒処分事案であるが、在日公務員が勤務する川西市並びに尼崎市当局は在日に恐怖を感じて黙認しており、神戸市当局もこの事実を隠蔽しているようである。


コメント:を閉じる▲
9月8日に質問書を手渡して
50日を経て、ようやく回答が郵送されてきた。

私、受け取りに行くとお伝えしていたのにね・・・


回答書だけだと分かりづらいので
私が提出した質問書の内容と
Q&A式に編集した。



神戸市教育委員会への質問書と回答
    

①「氏名」から「名前」への書き換えについて
Ⅰ.「氏名」について、日本文化をどのようにとらえ、継承・育成しようと考えているのか。
Ⅱ.この書き換えは日本文化への破壊と捉えられるが、その自覚はあるのか?神戸市で教育を受けると「氏名」を知らずに育つ可能性があるが、それについての教育的見解は如何なるものか。
Ⅲ.多文化共生の精神、日本文化の継承・育成の精神から逸脱しているこの書き換えを撤回するつもりはあるか。


○質問項目1について
日本文化については、文部科学省の「学習指導要領」に基づいて授業をしています。
「氏名」という言葉は、法令等の公文書のみならず、新聞などでも一般的に使用されて おり、神戸市においても、「氏名」を禁止としている事実はありません。また、「名前」は日常的によく使われている言葉で、特別な意味を持つとは考えていません。
ⅠⅡⅢについては、ご意見としてお伺いしておきます。


②「氏名」欄にクレームを入れる垂水区の中学校教師から教育委員会や体育協会などへのメールやファックスの送信日時間が勤務時間帯と重なることについて
Ⅰ.神戸市教育委員会は、勤務時間内に個人的人権活動をした垂水区教師を処分したのか?
Ⅱ.もし、処分していないならば、神戸市は彼の個人的人権活動を黙認もしくは推奨するのか?その理由を明らかにされたい。


○質問項目2について
直ちに法令違反となるような事実まで把握しておりません。但し、一般的ではあります が、もし仮に教職員が地方公務員法等、法令上の義務に反したことが明らかになった場合は、相応の対応を行うこととなります。
今後も、本市の教職員の勤務態度等に関して指導監督を丁寧に続けていきたいと考えています。


③須磨区で起きた差別事象と認定された件への対応について
 保護者を巻き込んだ教師の過剰な対応が、かえって差別感情を内在化させることにつながる危険性を認識しているか。


○質問項目3について
個別事案に関しては、コメントを差し控えさせていただきます。


④近現代史は各国には各国の見方があり、日本の歴史観は事実に基づくものが基本となるが、自虐的史観からの認識を持ち続ける教師と、インターネットを通して写真や資料に触れ、真実に目覚める子供たちとの間に、不信感などの深い溝が生まれることになるのを認識しているか。

○質問項目4について
その事実があるのでしたら、具体的にお教えいただきたいと思います。神戸市の市立学校園では、あくまでも、文部科学省の「学習指導要領」に基づいて授業をしています。


⑤教頭の人権研修の講師の選定はどのようになされているか。

○質問項目5について
しばらく同じ方に研修講師を依頼をしてきたのは先日お渡しした資料の通りです。
講師は研修のテーマにふさわしい方を、参加者の意見等も参考にしながら選定しています。
ちなみに本研修の講師は、毎年同じ内容ではなく新しい情報や資料等を加え工夫された講義をされており、研修参加者の満足度は高く、講師を変更してほしいという意見はありません。


⑥阪神教育事件についての認識。特に暴力的手段についての見解を明らかにされたい。

○質問項目6について
今日において、暴力的手段や糾弾的な不当要求等はあってはならないことであり、許されることではないと考えています。


⑦在日外国人子弟への実名使用について
Ⅰ.神戸市として実名使用を指導するのか。
Ⅱ.実名を使用する際、「漢字表記・ハングル読み」か「漢字表記・音読み」「カタカナ表記」いずれを使用するよう指導するのか。


○質問項目7について
神戸市及び教育委員会では「子弟」「実名」という表記ではなく、「幼児」「児童」「生徒」または「子ども」「お子様」そして「本名」という表記をしています。
毎年、9月に「お子様のご入学にあたって」という文書を、小学校に入学する予定の在日外国人の保護者全員に配布しています。その文末に、「お子様の入学にあたって本名で就学されることを願っています。」と明記しています。また、本名を使用する際の「表記」「読み」に問しては、保護者・本人の希望によるものであり、指導はしておりません。


⑧ベトナム人には、ベトナム戦争における韓国軍の民間人大虐殺が深い心の傷として残っているが、ベトナム人・韓国人子弟への教育的配慮はなされているか。

○質問項目8について
文部科学省の「学習指導要領」には、ご指摘に関する記載はありませんし、授業の中でも特に取り上げておりません。


⑨北朝鮮に拉致された有本恵子さん、田中実さん、金田竜光さんが受けた教育は神戸市の学校教育であり、北朝鮮という国に対する認識・危険意識が育まれなかったために、騙されて北朝鮮に連れて行かれたということを認識し、道義的責任を感じているか。

○質問項目9について
特にコメントできるものはありません。





長ーーーい間、待った回答がこの程度でした。
この質問書を提出する際に
しっかりと説明申し上げたのに・・・

誠意がないのか・・・

誤魔化したいのか・・・

逃げたいのか・・・


教えてほしいこともおありのようなので
今度はそれも指摘した上で
また質問書を作成してお持ちしますからね

[2011/10/31 20:44] | 神戸市問題
|

日弁連が売国勧告
通行人
【社会】 "在日韓国人の管理職昇進に道開け" 同胞教員の副主任解任、人権侵害と認定…日弁連が文科省に勧告
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1331710089/

 日本弁護士連合会は6日、外国籍教員の管理職昇進を制限している「文部省通知」の見直しを求め、「期限の定めのない常勤講師」として任用されている外国籍教員についても、これからは「教諭」とするよう平野博文・文部科学相に勧告した。
神戸市立中学校の学年副主任職を解任された韓国籍教員、韓裕治さん(46)からの人権侵害申し立てを受け、日弁連が09年から調査していた。
勧告に法的拘束力はない。

■同胞教員の副主任解任…人権侵害と認定

韓さんは08年、校長から副主任に任命されながら市教委から「外国人は正規の教員しかなれない主任を代行する可能性のある副主任にはなれない」 との指摘を受け、翌日の職員会議で多くの教員らの見守るなか、解任された。

「深刻な人権侵害」と受け止めた支援団体は翌年、兵庫県弁護士会と日弁連人権擁護委員会に神戸市教育委員会への警告とともに、 外国籍教員を任用制限のない「常勤講師」として任用するという文部科学省の運用のあり方の是正を求めていた。

(略)

(2012.3.14 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=16&category=2&newsid=15609

・・・支援団体とは、「兵庫在日外国人人権協会」や「兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会」であろう。
http://www.hyogo-vplaza.jp/event/group_detail.php?ID=817


コメント:を閉じる▲
神戸市役所に開示請求を始めて
神戸市の教育に不信感を感じ
人権教育の副読本や資料などの閲覧開示を求めた。

その中の副読本の内容に
「神戸市に『ゆかりのある人物』を研究しよう」
というのがあった。

ふ~ん、こんな人が神戸と関係があったんだと思いつつ
よ~く見てみると、大切な人がいない!

伊藤博文

初代 兵庫県知事で
初代 首相なのに・・・

それで、少々調べていくうちに
大変なことを発見した。

大倉山公園にある大きな台座は
伊藤博文公の銅像跡なのだ。

伊藤博文台座

戦争中に、金属供出され
失われたままになっているのだ。

これを再建しないと
神戸市の戦後は終わらないと思う。

だが、である。

戦後、60年以上が経ち
戦後復興どころか
大震災後の復興もある程度終えたのに

どうして、今も再建されないのか?


神戸市は、彫刻のある街として
三宮のフラワーロードと
神戸駅山側の大倉山公園周辺に
数多くの彫刻を設置している。

これは、何も市民が望んだ設置ではなく
神戸市の観光都市へのイメージ作りに他ならない。

芸術性豊かな彫刻と呼ぶのかもしれないが
そんな、よくわからないような彫刻を設置する前に
本来在るべき銅像を再建することの方が重要ではないのか。

大倉山公園の広大な土地を
寄贈された大倉氏の遺志を無視するのか


これは、推測だが

戦後の教育で、韓国併合を
植民地支配などと呼ぶ
日教組をはじめとする自虐的歴史観

韓国の誤った歴史観による
伊藤博文公を朝鮮進出の
中心人物のような捉え方

それならば、余計に
銅像を再建し、
それに合わせて
伊藤博文公の真実の姿や考え方を
詳しく書いた顕彰碑を建てることにより
名誉回復をされなくてはならないと思う。

戦後、吹き荒れた朝鮮人の暴動などに
恐れをなしているのか???

そういう在日韓国朝鮮人の考え方も
日本に住み続けるのならば
改めていただかなくてはならないと思う。


このことを知らない神戸市民
兵庫県民の如何に多いことか・・・

歴史捏造を糺す会としては
街宣や機会を見つけて
伊藤博文公の銅像再建のチラシを配布し
神戸市にも、要求していきたいと思う。

このままでは、神戸市民は
恩知らず
呼ばれても仕方ないのだ。



[2011/10/20 23:36] | 神戸市問題
|
神戸市教育委員会への質問書の中で
②について説明する。

「氏名」から「名前」への書き換えにあたって
どういうことが行われてきたのか・・・

多くの部署へ多数の開示請求をしたが
その中で、目にとまった文書があった。

いろんな企画に際して募集要項で
「氏名」欄に対してクレームを入れている。

内容的には

募集対象は日本人だけで在日外国人は対象外か?
在日韓国人である私には、「氏」はない。


メールとFAXでさまざまな企画に対して
教育委員会や体育協会に送られている。

あまりの悪質さに、よく観察していると

どうやら、同一人物らしい。

①学校の所在地は垂水区で中学校

②在日韓国人

この2つがわかると、人物特定が容易になる。

なぜならば、最初に開示請求した
「神戸市立小・中学校における外国人教師数」

その際、区ごとの教師数と
詳しく担当教科の説明を受けている。

垂水中学校の在日韓国人教師だ。



次に、送信された日付は、皆、平日
それも勤務時間内だ。


詳しくいうならば
彼は、期限を定めない常勤講師であり
非常勤講師とは異なり、公務員採用なのだ。

ということは
職務専念義務がある。
特に勤務時間中に、在日韓国人の人権という名の
差別利権活動・日本文化破壊活動を
行ってきたことになる・


この点を、他の文書の開示の際
説明に来られた教育委員会の人権教育課M氏に
確認をとってみた。

すると、口ごもり
どうして人物の特定ができるのかと尋ねてくる。

本来ならば、不届きな職員の告発を受けたら
驚いて調査する旨を伝えるのが普通だ。

で、仕方なく、開示された文書を提示した。

その文書は

問い合わせ

再問い合わせ

その他に、メール文書も見せ
その日時の曜日を教えて差し上げた。

特に上記の文書は
どちらも、FAXで、
それも中学校の機器を使ってのFAX。

誤魔化しようがないのだ。


しかし、まだ、人物特定は、できないでしょう?と。

で、6月の開示請求で既に
神戸市における在日外国人教師の報告は受けている旨を伝えた。


とっても、バツが悪そうな感じで
口ごもっていらっしゃった。

そしてこの教師の悪質さを話した。

大体、日本に住んでいて
「氏名」欄には姓名を書くというのは常識ではないか!

それなのに、わざわざ、抗議の文書を送りつけて
日本文化を破壊しようとするのは許せない。

そもそも、「氏名」欄に姓名を記入して
神戸市の教員募集に応募したから
現在、教員になれたのではないか!!


検討

神戸市教育委員会も不甲斐ないにも程がある。

あのようなクレームに毅然として立ち向かうことなく
臭いものに蓋をするがごとく
うるさいから、「配慮」という形で対処したのだ。

こうして、神戸市や神戸市関連施設では
配慮という名のもとに、日本文化が破壊されていく。

今日も区役所に行って、
各種催しの案内をチェックしたのだが
教育委員会関連だけではなく
いろんな団体にまで影響を及ぼしている。



私が人権教育課主査の方々が
不忠実だと思うのは
私が最初に
「どうして氏名から名前に書き換えていってるんですか?」
との問いに対して

「子供たちに『氏名』というのは堅い感じですので
少し柔らかい感じに「名前」を使っているんです。」

???

「その子供たちって何歳までを言うのですか?
小学校高学年になったら、
氏名という言葉に慣れていい頃でしょ?」

平然と「そうですね」と言う。

「ならば、どうして、神戸の大学の文書まで名前なんですかっ!!」
と厳しく、詰問すると
口ごもり・・・・

行政職の職員が
「前の開示文書で、
大学の文書など書き換えられた文書をお渡ししています。」
と説明。

ますます、口ごもり。

口先だけで言いくるめようとしていたのが
ありありと感じ取れるのだ。



在特会も面談時に
あの垂水中学校の在日教師の処分を求めていた。

在特会は、「『わが国』の語句が使用禁止になったと
誤った情報を民団新聞に提供した責任を問うようだ。

どのように誤魔化そうとするのかな???



少なくとも、私は動かぬ証拠を突き付けているので
その対応に苦慮して
質問書への回答が遅れているのだろうか?

[2011/10/14 22:03] | 神戸市問題
|

わかります
四組の柴田
批判記事を今炎上させています。


通行人
http://www.zengaikyo.org/?paged=5

『校長先生、私を差別するんですか 外国籍教員の任用(常勤講師)問題の解決へ向けて』

<ここから>
2008年4月に生じた神戸市立垂水中学校の外国籍教員に対する差別事件に対し、兵庫在日外国人人権協会と兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会は、これを「人権侵害事件」だとして、5月以降事実確認を求め、市教委交渉してきた。この事件は、4年間にわたって学年副主任の仕事をしてきた在日韓国人教員を副主任の職から解任するという、本人の名誉を著しく毀損する人権侵害行為であり、神戸市教育委員会の判断を受けて校長がおこなった差別事件である。
(中略)
本冊子は、この外国籍教員の差別事件と私たち(兵庫在日外国人人権協会・兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会)の闘い(神戸市教委との交渉、訪韓行動の報告、日弁連への人権救済申立書提出等)、その背景に存在する外国籍教員の任用の法的問題を整理するために発刊するものである。
<ここまで>


神戸市役所は庁舎利用規則をどさくさに紛れて改悪しようとしています。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/comment/gyoute/050gyozai/120200choushariyoukisoku.html

面談を拒否する相手は在特会じゃなく、兵庫在日外国人人権協会と兵庫在日韓国朝鮮人教育を考える会のはずなのに、神戸市役所は在日団体とズブズブ。。。


係長研修も
通行人
桜井会長のつぶやき
@Doronpa01
桜井誠 神戸市問題で内部から情報が寄せられています。今回取り上げたのは、課長昇任研修における人権課題の講師を全て在日韓国人が務めていたことの問題でしたが・・・。内部告発では係長研修の際にも、黄や孫を講師として招いてトンデモ反日歴史講義をしていたとのことでした。

-------------------------------------------------------------
市役所筋からの情報では、
10月28日(金)に係長研修が開催され、兵庫在日外国人人権協会 事務局長 黄光男が講師としていつものように講義をしていたそうです。

神戸市当局は在特会の来訪に備えて厳戒体制だったそうですが・・・


コメント:を閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。